トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

XML

eXtensible Markup Language

XMLHTMLと同じマークアップ言語で情報を記述する言語。HTMLでは決められたタグを使って文書を作成したが、XMLではタグを自分で定義する。

XMLは文書構造を定義するもので文書の表示方法はXML文書とは別に定義しなければならない。このことはひとつのソースで複数デバイス向けの表示ができることを意味する。

XMLデータを処理するにはそれに対応したブラウザや、XML対応のサーバやJavanなどのプログラミング言語を使う必要がある。

 XMLの基本的な構成要素

XMLでは開始タグと終了タグで情報を囲む。

<要素名>・・・・</要素名>
  • 要素名は自分で決める
  • 要素には属性を指定できる

 XML文書の宣言 絶対必要

XML文書は次の一行から始まる。これは省略できない。

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS" standalone="yes" ?>
属性 意味
version XMLのバージョンを宣言する(現在は1.0)
encoding ファイル内の文字コードを示す属性!brShift_JIS、EUC-JP、ISO-2022-JP、UTF-8、UTF-16(Unicode)!brXMLではUnicode(UTF-8やUTF-16)が推奨されている
standalone 外部DTDを読み込むかの指定!bryes 外部DTDを無視!brNo  外部DTDを利用

 ルート要素

XML文書にただ一つだけの要素(HTMLの<HTML>タグに相当) このルート要素の中に他の要素が含まれる

<persons> ルート要素
  <person> ルート要素(persons)の子要素
    <name>坂部 和久</name>   person要素の子要素
    <sex>男</sex>
    <birthday>昭和37年・・・</birthday>
    <address>東京都町田市・・・</address>
  </person>
  ..
  ..
</person>

 必ず開始タグで始まり、終了タグで終わる

タグの省略は認められていない

<img src="xxx.jpg">     ×
<img src="xxx.jpg"></img>  ○
<img src="xxx.jpg" />    終了タグの省略形

 要素名の大文字小文字は区別される

 属性値はダブルクォーテーションで囲む