トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

コンポーネントプログラミング(2003-12-01)

12/1 本日より第3章です。

まず、教科書添付のCD-ROMからDirectX7 SDKをインストールする。

Dim oDX as New DirectX7 DirectXのオブジェクト(物、実体)を作る!broはObject、DXはDirectXの略~

オブジェクトは変数と変数を操作する機能を一つにまとめたもの

RGB 赤緑青(光の三原色)の混ぜ合わせで色を作る。

ビット 色数
2 256
16 65536
24 16777216

演習

 3-1のプログラムが正しく動作したら解像度を1024x768に、

色数を16ビットに、線の色もより多くする変更してみる

 ディスプレイモードを変更する

Call oDD.SetDisplayMode(x, y, bpp,0, DDSCL_FULLSCREEN)

x、y、bppを変える

 線を引くときの色を求める式を変更する

Modは余りを求める演算子 100 Mod 3は1~乱数を使ってもよい。

Int(100 * Rnd()) '0〜100までの乱数になる

r、g、bの最大値は255

 線を引くときのx座標の値を変更する

[コンポーネントプログラミング]