トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

オブジェクト指向プログラミング(C317-2 2005/11/02)

オブジェクト指向プログラミング(C317-2)

 入力用クラスの作成

Javaではキーボード入力のコード量は画面出力に比べるとコードが多く、面倒である。そこで、その面倒さを軽減するために入力用のクラスを作っておくと便利です。

クラス名をInputとし、このクラスには次のメソッドを持たせることにする。

メソッド名 戻り値 機能
getString String 入力した1行文の文字列を取得する
getInt int 入力された数字の列を整数値に変換する
getDouble double 入力された数字の列を実数値に変換する

 配列リスト

import Input;
import java.util.ArrayList;
import java.util.Collections;

public class ArrayListTest {

    public static void main(String[] args) {
        // 配列リストオブジェクトの作成
        ArrayList list = new ArrayList();
        // 入力オブジェクトの作成
        Input iv = new Input();
        // 10個の文字列の入力
        for (int i = 0; i < 10; i++) {
            System.out.print(i + " 何か入力してください: ");
            String x = iv.getString();
            // 配列リストへ文字列の追加
            list.add(i, x);
        }
        // 配列リスト内のデータを表示
        for (int i = 0; i < 10; i++) {
            System.out.println(list.get(i));
        }
        // 配列リストのソート
        Collections.sort(list);
        // ソート後の配列リスト内のデータを表示
        for (int i = 0; i < 10; i++) {
            System.out.println(list.get(i));
        }
        // 配列リスト名のみで表示
        System.out.println(list);
        // 配列リスト内の検索
        System.out.println(Collections.binarySearch(list, "ABC"));
    }

}

[オブジェクト指向プログラミング(C317-2)]