トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

useradd

useradd

新規ユーザを追加するコマンド。登録したユーザはパスワードを登録するまでログインはできない。

 書式

useradd [オプション] ユーザ名

オプションは省略できる。

 オプション

主なオプションを表に示す。

オプション 役割
-c 文字列 コメントの指定
-g グループ名 グループの指定
-G グループ名 補助グループの指定
-p 暗号化したパスワード パスワードの登録
-s シェルのフルパス ログインシェルの指定
-h ホームディレクトリ ホームディレクトリの指定

bashなどの基本的な設定ファイル(ドットファイル)をディレクトリ/etc/skelに置いておくと新規ユーザ登録の際にホームディレクトリにコピーされる。

登録されたユーザの情報は/etc/passwd、/etc/shadow、/etc/groupに保存される。

 

ユーザdoraemonを追加する。

# useradd doraemon

グループの指定を省略しているのでこのユーザのグループはユーザ名と同じグループが作られ、そのグループに所属します。

ユーザnobitaを追加し、そのグループをdoraemonsにする。

# useradd -g doraemons nobita

[コマンド]